たそがれ不動産営業日誌

不動産:中古住宅 マンション 土地を売りたい人、買いたい人の参考になる記事が書ければと思いつつ・・・

めだかの学校

f:id:yokohama-tasogare:20190314015905j:plain

とある道の駅に立ち寄ったところ、メダカが売られているのに目がとまった。

ビニール袋に6匹入っている。

飼ってみようか、と考えた。 

 メダカの入ったビニール袋には
飼育の仕方という
小さなパンフレットが付いている。


自宅に帰ってから、手に取ると、 
A4の用紙に手作りで詳しく書いてあり、
コンパクトにまとめられて、
6等分になるように折りたたんである。  

f:id:yokohama-tasogare:20190314020745j:plain



 
日本のメダカについての説明から始まって、
メダカの歴史、飼育するために準備するもの、
メダカの飼育のはじめ方、メダカの殖やし方等。

このパンフレットを作った人の、この小さな生き物に対する愛情とか、なりわいとする誇りとかいったものを感じて好感が持てる。

まあ、それはどうでもいいことだが、
しかし・・・、このままでは飼えない。

 
とりあえず、今日のところは
大きめのガラス瓶に
移し替えておくことにしよう。

 
元気そうにしているので、大丈夫だろう。

 
あくる日、メダカの飼育セットと

それに水草もいるだろうと考えて

一緒に買ってきた。

 

パンフレットを見ながら、準備を始める。


水道水にはメダカに有害な
カルキ、重金属が含まれているそうで、

 
カルキ抜きを水道水10リットルに付き
1ccほど入れて無害化する。

 
つぎにもう一度
メダカをビニール袋に戻して
そのまま水槽に浸け、
30分おいて、温度を合わせる。

 
さらにビニール袋の水を
半分ほど捨てて、
水槽の水を同じ量入れる。


再び水槽に浮かべる。
10分待つ。(少々めんどくさい)

 

この作業を二度繰り返して
メダカを静かに水槽に入れる。
(メダカには申し訳ないが、
ここのところは
省略することにした。)


他にもちょっとは手を抜いた
ところはあるが、
メダカたちには問題なさそうである。


小さな水槽なので机の端に置いてみた。

  

f:id:yokohama-tasogare:20190314020033j:plain



しかし、ここまで手をかけて ?
飼育をはじめると、
メダカに愛情がわいてくる。

 

癒されるということばは
あまり好きではないが、

 

水槽の中のメダカたちを
眺めていると

 
ちょっと

愉しい気分になる。

 

 

tasogare.me

 

 

 ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村